成猫から飼ってどれだけなつくのか?にお答えします。

物心ついた時から猫と一緒…というわけではありませんが、私の猫歴は田舎で約6年、今の住まいでは14年くらい。

田舎で飼った時は子猫からだったので何の疑問も持たれずに家族になれた感じでした。

田舎で飼ってた猫(唯一の手持ち写真)↓

上京してから飼ったのは成猫ばかり。

というのも、残業が多すぎて家にいる時間がすごく少ないため、子猫を飼うのは無理でした。

さらに、本格的に飼うのも自信がなかったので預かりボランティアというシステムを利用し、里親が見つかったら手放し、また別な猫を預かるみたいな繰り返しを4年ほど。

預かりボランティアの経緯についてはコチラの記事で。

その間4匹の猫と暮らしたんですが、そのうち2匹は里親が決まり、後半2匹は訳あって我が家の一員となりました。

預かりボランティアから里親になった経緯はコチラの記事で。

ということで、『成猫はなつくのか?』なんですが、『意外となつく。しかしけっこう時間がかかる場合もあるというのが私の見解。

4匹って経験値としてはそれほど多くないですが、どの子もすぐに懐くことはなかったです。。。

そして、人と同じで個性があり4匹がそれぞれ違ったなつきかたでした。

 

はじめの2匹は三毛猫の姉妹。

三毛猫はわりと勝ち気な気質と言われているようです。

姉妹といっても性格は全然違って、見た目も短毛と半長毛で違っていました。(写真手前が姉、奥が妹)

共通していたのは、美術品みたいな白勝ち三毛柄とグリーンの目の美猫ということでしょうか。

成猫になっても里親が見つかったのは、容姿の良さではないかと思います。

 

姉猫の方は、3ヶ月目くらいまでまったく触らせてもくれませんでした…一生懐くことなんてないんじゃないかと思わせるくらい警戒心が強い。

寝静まった後に大暴走で部屋の中をかけずりまわり…さらにお布団に排泄され…困り果てて保護主さんに戻すかどうか相談してしまいました…

「トイレ以外にわざと粗相をするのは、かまってほしい気持ちの裏返し」なことが多いと言われたのですが、全然寄ってこないし触ろうとすると逃げるし…ホントかな??とその時は思いました…が、その後、やはりそうだったのか…という展開に。

「大変なようなので近いうちに引き取ります」と保護主さんから申し出があったのですが、まだ預かって数ヶ月だったのでもう少し様子をみることにしてみました。

ある日、いつもより私の近くに座っているのでもしかしたら…と触ってみようとすると、いつもなら触れる前に逃げるのに動かないので触れました。思いきって抱き上げてみると身を任せてきた?!

はじめて「抱っこ」できた瞬間でした。(何がキッカケだったのかは不明です)

その時を境にまったく警戒することなく、抱っこしたりなでたりしても嫌がることなく、むしろ甘えてくるようになりました。

(呼べばどこからでも出てくるし、一緒にいたがるので、まるで犬のようでした。)

意外だったのは、徐々に懐いてくる…とかじゃなくて、はっきり境目みたいなものがあったことです。

友人の説では、きっと信頼出来るかどうかじっと観察していたんじゃないか?という見解。

その場合、私は合格ってこと?(嬉)と思いましたが、本当のところは猫にしかわかりません…

スポンサーリンク



 

一方、半長毛の妹猫の方はというと、一週間くらいで触らせてくれ「抱っこ」は不本意ながらさせてくれるって感じでした。

こんな感じなら預かり続けられるかな〜と安心しましたが、里親が決まるまでの2年間はそれ以上距離が縮まった感が得られなかったように思います。もともと特に甘えたりしない淡白な性格なんでしょうね。

姉猫とはまったく違ってましたが、飼いやすい猫というのはこうゆう猫なのかもしれません。

 

3匹目は茶白の雄猫。

我が家に連れてこられた当初は懐かないだけでなく、(臆病すぎて)攻撃してきます。

3ヶ月くらいは遠くから見るしかなかったのですが、この子も懐いた瞬間っていうのがありました。

ある朝、目を覚ますと私の右足と左足の間に挟まるように布団の上で寝ていました。

身体を起こして触って見ると動きません。

その朝を境に触ったり抱っこしたり出来るようになり、今では膝の上で寝るまでになりました。

そして、攻撃してくることはまったく無くなりました。よほど来たときは怖かったんでしょうね。

猫って不思議ですね。。。

(手前が4匹目の雌猫、奥が3匹目の雄猫。)

4匹目は、ほぼ白でしっぽが三毛の雌猫。

子猫の時に片目を失い、生まれたときは外で辛い環境だったのかもしれません。(詳しくは知らないのですが…)

なかなか里親が見つからず、シェルター暮らしが長かったせいか、何年経っても触るとビクッとしたり…可哀想なくらい警戒心を解けないでいました…。

茶白雄との相性が良いので、私には懐かなくてもいいか〜という感じで10年目、とうとう顔の近くで添い寝してくれるようになりました♪

触ってもビクついたりしなくなりやっと家族になれたように思います。

それまでは「遠い親戚と同居」って感じでしょうか。

しかし、抱っこは苦手で抱き上げるのは今でも無理です…(残念ですが仕方ない)

10年目…って、実は1年前くらいです。

何がキッカケかはやっぱりわかりません。

でも、猫の中では何かが起こっているんでしょうかね?

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る