冷凍食品専門店の『ピカール』ってどんなお店?

最近、知ったばかりの『ピカール』というお店。

フランスの冷凍食品専門店です。

冷凍食品のみって…変わってますよね。

そもそも冷凍食品自体にいいイメージがない。。。日本の冷凍食品って、お弁当のおかず用の「揚げ物」だったり添加物満載の印象があるのは私だけかな??

随分前に冷凍のカットカボチャは、「シーズンで収穫したものをフリーズするので、味に外れがなくて、しかもカットしてあるから便利」と聞いた時、ちょっと試したくなったけど、そのままになっていた…という具合。

そんな感じだったので、同僚から「ピカール」で食材を買ってみた話を聞いた時、はじめは「そんなお店もあるなんて、東京だね〜」っていう程度。

芽キャメツとクロワッサン…諸々を買ったとのこと。もちろん、冷凍食材です。(芽キャメツなんて、人生で一度も買ったことないっす…)

クロワッサンは試食があって、美味しかったから買ってみたってことでした。

クロワッサンの値段を聞いてちょっと驚くっなんとっ10ヶで¥843(税込)…ってことは、1ヶ¥85ってことですよね?!という衝撃。

しかもフランスのクロワッサンだから期待できる!!もちろん、フランスのバターと粉で作られているワケですよね?!

実は、もう四半世紀くらい前に1度だけフランスに行った…というか、立ち寄る感じで観光したことがあって、日本にもありそうなフツーのビジネスホテルでガッカリしていたところ、朝食のクロワッサンがパリッパリで驚くほどの美味しさだったんです。

フランスって、どこで食べてもクロワッサンは美味しいんだ!と感心した記憶が甦ってきたっ

クロワッサンで急に話題に食いついたからなのか、後日、同僚がその冷凍クロワッサンを持ってきてくれました。

そして…トースターにのったクロワッサンをみると…「なんか、白くて小さいぞ…??」と見慣れない感じ…

その時まで、同僚も私も焼いた状態で冷凍されていると思っていたのですが、なんと焼く前の生地の状態で冷凍されてました!(2度目の衝撃です。)

ちなみに「ピカール」の冷凍食品は、どれも中身が見えない包装になっているのでした。。。

↓これはミニクロワッサンですが、パッケージの不透明とパン生地はこんな感じです。

オーブンの指定時間が25分と長いのも当たり前か…しかし、その時は会社のキッチンだったため、オーブントースターで焼くことになり、かつ、アルミホイルをきらしていたため、焦げない配慮が必要だったのですが、同僚は上手いこと焼き上げてくれました〜(謝々)

白くて小さかったクロワッサンは、コンガリと大きく膨らんで外側がパリッパリの焼きたてでした♪

(自宅でもクロワッサンを試してみた話は別記事で詳しくご紹介してます。コチラへ)

スポンサーリンク



 

早速、中目黒の「ピカール」だったら、会社帰りに立ち寄れるっということで行ってみることに。(中目黒店の閉店は21時)

同僚からあらかじめ、どんなお店か聞いてみると「外観がちょっと近未来的な感じ。冷凍食品しかないから殺風景で、何のお店かわかりずらいため、青い結晶のマークが目印になる」とのこと。

ググって場所を確かめると、山手通り沿いある…何度も前を通ったことがあるはずなのに、なんで今まで気づかなかったのかな〜?という立地でした。

会社帰りだから夜なんですが、そこだけ不自然に白い光が…それが「近未来的」ってことのようです。

私は「外国のコインランドリー」的な印象を受けました。

ちなみにコチラは昼の青山骨董通り店の外観↓(どこの店舗も近未来的には変わりないようですね。文字の書体がSFチックなんでしょうか。)

全部が冷凍食品だから、あるのは冷凍庫ばかり…殺風景になるのは仕方ないですね。

冷凍庫もフランス製なのかな?スライドの扉ではなく、一瞬、どう開けるのかわからない感じ。もしかしたら、いちいち声をかけて開けてもらう系なのか?…とちょっと迷うこと数分。。。わかった!ガラスの面を上に持ち上げる仕様でした!

冷凍食品とはいえ、賞味期限が短くなるとセールになっているものもある…が、全体的に日本の冷凍食品に比べると割高感があって、安くても300円くらいからのため3〜4品買うとすぐに2000円くらいになってしまいます。。。

ま、内容を考えるとコスパが悪い感じもしないし…これは、もう少しリサーチが必要のようです。

そうそう、手提げのビニール袋は用意されていないので、袋は持参しないといけないのでした。(有料だったらありますが…フランスらしく綺麗な色のエコバッグ(保冷版もある)なので、初回に買っておいても良いかもしれません)

世間では、「パーティー食材として便利」って紹介されていることが多いみたいですが、収穫直後のカット野菜なども豊富です♪フランスは農業大国でもありますから美味しいのは間違いなさそうっ

これが、他の国の冷凍食材だったら違う印象なんでしょうか……とふと思う。。。

個人的には、フランス人の印象ってそれほど良くないのですが(旅行した時にそう思うことがチラホラあったりして…)一方、食に対する意識が高いようにも思えてしまい、どこかでリスペクトしているのかも…食以外でもフランスといえばオシャレ( ゚∀゚)みたいな印象もある。

パリには至るところに店舗があるそうなのですが、日本には2年ほど前、青山の骨董通りに初上陸したそうです。

当時、テレビで取り上げられたりと話題になったらしいですが、テレビのない私は全く知りませんでした。テレビがなくても必要な情報とは巡り会えるものなんですね〜っていつも思う。

とにかく「ピカール」のおかげで、食生活に新たな一石が投じられました〜(同僚に感謝です♪)

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る