ほぼシャッターが閉まっている世にも不思議なパン屋さん「パリの空の下」訪問記1

数年ぶりに自宅近くのブランジュリー「パリの空の下」でパンを買いました。

何が不思議なのかというと、その営業スタイル。

はっきり言って「売り手の都合だけで営業している」といっても過言ではありません。

お店はド派手な黄色い外観ですが、ほぼシャッターが閉まっています。

営業するのは月に10日くらいで、オープンから約1時間半もしないうちに完売に。

(完売の時間はTwitterでつぶやかれるのでフォローしてリサーチしました。)

しかもオープンするのは、数年前から火、水、木の夜…19時02分〜。(注:毎週ではない)

つまり月に15時間程度しか開いていないということだから、前を通る度に閉まっているのも当然です。

お店は10年くらい前にオープンしたようなので、数年にわたってこのスタイルを維持出来るなんて立派ですねー

すぐに完売するとはいえ、特別品数が少ないようには思えません。

やはり揺るぎないファン層を長年維持できているのでしょう。

そんなに強気でも商売できているのは単純に「ものすごく美味しくてまた食べたい」と思わせるから…だと思う。

スポンサーリンク



さらに不思議なのは今まで美味しいパン特集とか世田谷のパン特集とかの雑誌に掲載されているのをみたことありません。

おそらく取材は断っているんだと思う。

だってこんなに人気があって、パン好きには絶対響きそうなフレンチテイストなパン屋さんなのに…(‘∀‘ )

私の場合この店がオープンした時にはすでに今の住まいで、徒歩圏内に住んでいるにもかかわらず、その存在はしらないまま…数年経った頃にパン好きの友人から「家の近くに超人気のパン屋があるよね?」と聞かれて初めて知りました。

当時は(多分7、8年前くらいかな…?)不定期で週に2〜4日営業、11時オープンだった記憶。(14時頃には完売だったと思う)

月に2回くらいは土曜日も営業していたので土曜を狙って買いに行けたのですが、知ってまもなくして土曜は外されてしまい私の中ではフェードアウトとなってしまいました。

3回ほど買う機会があった後で、土曜営業が無くなるならもっとチェックして買いに行けば良かったーと無念だったのを覚えています。

初めて行った時はザンザン降りの雨の中で、こんなにヒドい雨だったらそんなに並んでないかも〜?と11時過ぎに行ったら…立派な行列ができていました…

その時は「なかなか買う機会もないしな〜」と結局3000円くらい買ってしまいました…(^_^;) 正直言ってそんなに安くないので、大量買いしたワケではありません…

お店から出てくるお客さんの袋の感じをみると、おそらく他の方達はそれ以上に買われているんじゃないかなー(‘∀‘ )

バゲットがベトナムで食べたそれに近くて、バケットだけでも毎回買いたい!と思った記憶があります。

本来はパリのバゲットと比較できればよいのでしょうけど…その経験がないものでf(^ー^;

3回目はたまたま自転車で店の前を通りかかった時、シャッターが半分閉まった状態で…そうだ今日は土曜日!と思いついてのぞくと、なぜかクロワッサンだけ2個くらいあって…買って帰ったのが最後。(それも激旨でした…)

営業日はシャッターにコピー用紙のスケジュールが貼ってあり確認できたのですが、それもいつ頃からかなくなり…いつ営業しているのかもわからなくなっていました。

スポンサーリンク



そして数年ぶりに行ったのは夜に営業していることがわかったから。

知ったのは2ヶ月くらい前ですが、夜営業になってすでに数年経っていたようです。

私の中ではもはや「2度と行くこともないだろう的なお店」だったため、営業時間が夜になったのを知ってもすぐに行ってみようとはならなかったのですが、横浜在住の知人にこのパン屋さんの話をしたところ、夜だったらむしろ行けるかも…という意外な反応がありました。

知人が実際に訪れてしまう前に、以前の記憶どおりに美味しいのかをリサーチすべく赴いたのでした。(けっこう律儀なんですよ)

ただ…、「夜19時から約1時間で完売」というのは、「平日昼」よりは買える可能性が高くなっただけで都合が良いわけではありません。

自宅は近いですが、勤め先からは自転車をとばしても30分かかります。

定時が19時のため、すぐに出られたとしても19時半は過ぎてしまうので、おそらく選ぶくらいのパンは残っていないかも…な状況になるのは予想できます。

そして…3日前、とうとう決行しました。

着いた時間は19時34分。(かなりぶっ飛ばしました)

昔みたいに長蛇の列ではなく、店の前に3名、その続きが通りの端に寄るように4、5名くらい。

男女ともお仕事帰りの会社員風の方ばかりです。

おそらく、開店時はもっと並ぶのではないかと思います。

少し落ち着いてきた頃合いなのかもしれません。

店には3名ほどしか入れず、1名出ては1名入るのリズムで列が進んでいきます。

なので、店に入って前の2名の会計が済むまでにどれにするか選べるという具合。

その前に店の前に移動できた時点で、窓越しに店内のショーケースの中を凝視して当たりをつけておく。

試しに来ただけなので、とりあえず2つくらいで予算は1500円以内か?と思う。

19時45分過ぎに店に入れました。

並んだのはだいたい10分強ってところでしょうか。

ショーケースを見るとサンドイッチ系の総菜パンが多く、以前あったバゲットとかが全然無い…。

常温のパンはクロワッサンとクイニーアマン、ミルクフランス的なもの1種。

もともと焼いていないのか、売り切れたのかは不明。

タルト系のものは数種類あったようですが、すべて売り切れている。残念…

ここのサンドイッチ系のパンは、とにかくボリューミーで料理がパンに挟まった系。

前は常温のパンばかりをチョイスしていたので、トライしたことがありませんでした。

値段も600から1200円とお安くはないですが、内税表記っていうのもあり、べらぼうに高いとは感じないかも。

中の具材で細かくお値段が違う様子をみてもテキトーに価格設定をしているわけではなさそう。

大きなエビが入ったサンドイッチが気になる!と思った瞬間に前の前の方が選んでしまいました…というのが何種類か繰り返され、結局マグロの爆盛りサンドイッチときのこのサンドイッチとクロワッサン、クイニーアマンの4つを買いました。

他にも気になるサンドイッチがまだあったのですが、絞りに絞って4つにして、トータル2150円…予算オーバーです。

しかも選べたのはほとんどが総菜パンだったので、翌日中には食べきれる分と考えるとサンドイッチ3つは現実的ではないので諦めざるおえない…( ´Д`)=3

レシートには18:52という表記。(1時間設定がズレているようですが…)

店を出ると同じように4、5名通りの端に並んでいました(店の前の3名の他に…です)

最後に並んでいた方は買えたのかな?

家に着いて中身を出した時点でちょうど20時。

以前に比べれば時間のロスがあまりない。

これで、スゴーく美味しかったらまたトライしようと思いながらマグロのサンドイッチをほおばると…

「旨ーい!なんだっ旨いじゃないかーっ!!」とぶっ倒れそうになりました…

それをキノコのサンドイッチでも繰り返すことに。

結局、サンドイッチはあまりの美味しさに全部食べることもできましたが、もったいなさ過ぎて半分ずつ残し翌日分に。

クロワッサンはその日に食べてしまい(本当はとっておくはずでしたが…)

翌日、同僚にお裾分けしながらクイニーアマンをいただきました。

どれもこれも美味しい…、

あえて言えば、クロワッサンが400円はちょっと高く感じました…けど。

とにかく、あの強気な営業スタイルは実力に裏打ちされているってことを心から実感したのです。

夜営業のうちに都合がつく日にはトライしようと思うのでした。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る