それでもシラルガン。シリットのミルクポット

シリットの圧力鍋が4年でダメになり…カスタマーサービスもイマヒトツ好感度が低かったため、もはや新たに買うなんて?!という心境だったにもかかわらず、新調してしまったのがミルクポット。

(シリットの圧力鍋の残念な修理の記事はコチラ

しかも以前、シリットの圧力鍋を買った後、とても気に入ったため同じジリット社のミルクポットも買い揃えてあり、すでに同じものを持っていたにもかかわらず…なんですね。自分の物欲に呆れてしまいます…

つい最近、新たな圧力鍋は国産の平和の鍋にしたものの、シリットの鍋を検索したりして「往生際も悪いぞ、自分!」な感じの時に、ピンクのミルクポットを見つけてしまったんですね。。。

だって、シリットのミルクポットって、評判通り、抜群に良いのです♪

注目すべきはミルクポットなのに、注ぎ口がないってことですかね。でも水こぼれなく、注ぐことができるんです。

見た目は普通の鍋の縁って感じなんですけど。こだわりのある設計なんだとか。

注ぎ口がないので、他の料理にも小鍋として使い易い。1人分のごはんでもおいしく炊くことができたりします。

その他、このポットで沸かすと水が美味しくなる説とかあったり、私は慣れてしまったのか、実感はないですけど…

もちろん、素材は圧力鍋と同じシラルガン。

(つまり重くて高価なのも圧力鍋と一緒ですが、サイズが半分だから重さも値段も半分です。重さ1.7kgで¥20,000也)

シラルガンって、すっごく綺麗な材質なんです。

圧力鍋を買った時に、箱を開けて初めて見た黒光りしたガラス質の滑らかで堅牢な感じに驚いたことを今でも覚えています。

なので、今回は使い始める前に記念写真を撮ってみました〜

コチラ↓(ちょっと伝わらないかもしれませんが、本当に美しく黒光りしています)

↑注ぎ口ないですよねっ。でもけっこう細く注ぐことができるのです!(スミマセン💦 写真では縁が切れておりました)

定番カラーは、クレイジーイエロー、エナジーレッド、ブラックの3色。(まさにドイツカラーですね〜)

 

今回買ったローズピンクというのは限定カラー。

新調せずにいられなかった理由というのが、3、4年前にサクラピンクという限定色であり、迷っているうちになくなってしまって…、定価よりも高くても手に入れるぞ!っという勢いで探しまくったのですが、結局見つからず…ブランドのイメージカラーのイエローを渋々購入したという経緯。

以前、迷った理由は、値段と「ピンクはカワイイけど私のキッチンに合うのか??」という問題でした。

ピンクの鍋なんて、新妻っぽくて気恥ずかしいというのもあった…(そもそも自分のテーマカラーがピンクって感じじゃないんでね。)

それでもピンクの鍋がほしくなったキッカケは忘れちゃいましたが、今となっては欲しかったのに手に入れられず諦めたリストのベスト3に堂々のランクインな状態。

スポンサーリンク



 

…で、先日、ローズピンクを発見っ!そして購入〜という流れになったワケです。

なんと底値の¥10,800-!?で買えたのです(嬉)(定価は¥21,600ですからっ。まさかの50%off!?)

シリットの鍋は、私が知る限り、今回見つけたGLADDというファミリーセールサイト(http://gladd.jp)がおそらく最安値。

しかも売り主が総代理店のWMFのようなので、日本正規品なのに並行輸入品よりも安いのではないかと思う。

GLADDの場合、会員登録をしないといけないのと、いつもセールになっているワケではないので、網を張っておく必要があります。

実は、4年前にシリットの鍋がキッカケで会員登録したことから、お気に入りブランドに登録しておりまして、プライスをリサーチし続けていたんですよね。

大体、半年に1回くらいはチャンスがある気がしますが、品揃えはその都度マチマチでミルクポットがいつもセールの対象ということでもないため、今回は千載一遇のチャンスでもありました。

見つけた時、「安くても同じもの買うなんて、いいんですか?!」…という耳鳴りがしたのですが、あんなに探してもなかったピンクが今最安値で目の前にあるワケで…期間限定のセールということもあり…耳を塞いで買ってしまいました。。。

すでに持っているイエローの立場は…という感じではありますが…

もともと人気鍋でもあり状態も良いので人に譲り易いため、家に2つ置くことになるってことはないという予感もあったので。

スポンサーリンク



 

イエローさんは、現在、同僚宅で愛用されています。

はじめ、ヤフオクの刑にしようかと思っていたのですが、「良い鍋なので使ってみて、いらなかったら返してもらってイイヨ」という感じで同僚に託してみたのです。(ヤフオクって、お金になるけど、面倒なので…)

そうしたところ、何の感想も聞かされないまま数週間後に、実は毎日愛用していたとの報告がありました。

白飯を炊くのに活躍中とのこと。そして、イエロー色もキッチンに馴染んでいる様子。

実は、ピンクが届いてキッチンに置いてみたら、全然色が目立たずいい感じに収まったので、我が家ではやっぱりイエローが合っていなかったことがわかりました。

さらに、当初、イエローのミルクポットは使っているうちに馴染んでピンクより良かったと思えるかも…と思って使い続けていたのですが、意外に愛着がなかったのを今回の買い替えで気づかされたという感じ。

同僚宅でも馴染めていなかったら??…と尋ねてみると、全然気にならないし、むしろキッチンに合っている気がするとのことでした。

物の納まり所ってあるのですねーって思ったのでした。

 

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る