40歳後半で老眼対策にレーシック手術を東京で受ける体験談①

  • レーシック手術を受けて5日目でこの記事をを書いています。

今のところ、経過は良好。

記憶が薄れる前に決意~手術後の経過を記しておきたいと思います(‘∀‘ )

∷∷∷∷∷∷∷

とてつもない近視というわけでもなく(コンタクトの度数は−2〜2.5)、今までメガネ&コンタクト生活を約30年。

1年くらい前から老眼の症状が気になり始め、それまでは全然予想もしていなかった「近くも遠くも見えない」という状況になりました…。

これが案外厄介で…近視も老眼もまだすごく強いワケではないため、裸眼と近視のメガネまたはコンタクトと老眼鏡をそれぞれペアにして…中途半端な状態で見えているのか見えていないのかよくわからないまま日常をおくる日々に陥ったって感じです。

実は乱視もあってコンタクトやメガネの度数をピッタリ合わせることが難しくなってきたので、この場合、遠近両用というケースになるんだと思うのですが、新しいメガネを作ることが億劫に思えて乗り気になれない…

年配の方が言う「歳をとるとどんどんメガネの種類が増える」というのはこういうことなのか…と実感。

このまま中途半端な視力が死ぬまで続くのか…(大げさですが、リアルにそう思ってました…)

ある朝「そうだ!お金を払えば遠くは見えるようになるっ」とひらめきました。

つまりレーシック手術を受けるということなんですが。

スポンサーリンク



このひらめきには伏線があります。

伏線1:25年くらい前。レーシックを受けた同僚から、日常のケアから解放されてすごく快適♪という話を聞かされました。しかもコストもおさえて30万くらいと言っていたと思う。手間とコンタクトに係わる経費を考えると十分元は取れると話してました。

今から25年くらい前だとまだレーシックの歴史も浅く「チャレンジャーなんだねー」程度にしか思いませんでした。自分はメガネとコンタクトで十分事足りているし、角膜削るなんて正直、コワい。自分には縁がないものという感じ。

伏線2:4〜5年前に40代後半の知人(極度の近視)が海外でレーシック手術を受けたと聞きました。とても裕福な方で、超最新技術の手術を受けられたのだと思うのですが、視覚(目)と知覚(脳)の認識に誤差がでて焦点が合いづらい不具合が出てしまっているとのこと。これは年齢的な症状らしく、しばらく経過をみたらしいのですが、結局再手術を行う…というところまでで、その後の様子はわかりません。

この件を聞いていたので、高齢になればなるほどレーシックは難しいという印象が深く刻まれたように思います。というか、そもそも自分には縁の無いことと思っていたし、自分の選択肢からレーシックは完全に外れました。。

伏線3:1ヶ月ほど前の話です。ここ最近、同じ世代の人を見つけては老眼の話題をするようになって、前出の40代越えのレーシック不具合話をしていた時、たまたま居合わせた70代マダムがレーシック手術を50代で受けられたとのこと。

20年前、当時は勇気のある手術だったと思うんですが、動機についてはそれほど深刻な理由があったわけでもなかったようです。

老眼も始まって、これでは嫌だな…と思った…とか。

当時の手術も日帰り。帰りはフラフラで旦那様に支えられて帰ったというのと、それまでと違う見え方にちょっとパニックになり、1ヶ月?くらいで収まったということ。そして、術後20年、視力は衰えることなく(もちろん老眼鏡は必要)手術して良かったと話してくれました。

この話を聞いた時は、「じゃー私も〜!」とはならなかったのですが、ナルホド40代以降でも全然大丈夫なこともあるのか…と気づかされ、無意識に選択肢に浮上したのだと思う。

スポンサーリンク



…で、それから2週間後の朝の洗面所で「レーシック手術を受けよう♪」とふと思いつき、そのまま会社へ。

会社に着いて、私の他に一人しかいない同じ事務所の同僚に開口一番でレーシックを受ける決意を話してみたところ…

「レーシック?!実は私も興味あるんですよね〜上手くいったら私もしようかなー」という人柱として期待されることに…

朝のコーヒーを飲みながら仕事には全然関係のないレーシックについて検索を始めて、1時間後には無料検査を申し込んでました!

(私の勤め先は基本的に自己管理で仕事を進めているため、他の事務所スタッフや顧客とのアポが無い限り、自由に過ごせるんです)

思いついたら「即、実行!」が信条。

病院は「品川近視クリニック」に決めました。

レーシックで検索すると一番にヒットするので、業界最大手ということになるんですかね??とにかく大手の病院です。

決めては「検査後、即日手術」というビックリな点。

場所が有楽町だったので、自宅からあまり遠く無いというのも◎。

「たった1日でっ?!出来るんだ〜」とまず驚き、とにかく手早く終わらせて視界がクリアに出来ることに期待が膨らみました。

たまたま最初に読んだレーシックの体験ブログ記事が、受ける前にいろいろと調べまくった結果、品川近視クリニックに決めたとのことでした。1年前にレーシックを受けた体験談なので鮮度は悪くない。

ということは、私がイロイロ検索したとしても同じ結果になる率高いな〜と思って、即決定。

しかも、体験記事ではその様子を刻々と丁寧に書かれていたので、知りたいと思っていたことをほぼカバーできました。

そうです。たった一人の体験談だけで決めるというかなりテキトーな感じでしたが、不安もなかったので自分の選択はなかなか良かったんじゃなかろうかと術後の今でも思うのでした。

つづく。

これからの経緯は…

予約と検査の様子はコチラ

手術の様子はコチラ

手術後の様子はコチラ

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る