バリュミューダのコーヒーメーカー、スタバ限定モデルを勢いで買ってみた使用感

「BALMUDA The Store Aoyama」での体験談あり

気になっていたバリュミューダのコーヒーメーカー、お値段が5万円越えのため実際にどれほどのものなのか試してからじゃないとなかなか手が出ません…

Rentioで15日間7980円でレンタルしてみるか…と思いあぐねていたところ、表参道にバリュミューダの全商品をお試しできるブラッグショップ「BALMUDA The Store Aoyama」があるらしいということを知りました。

去年の11月にオープンしたというので最近のことか。

これは「是非に」と早速、友人を誘い出向いて…当日購入する気は全然なかったのですが…まんまと購入してしまいました…

その時の様子とその後の使用感などレビューしてみたいと思います^^

表参道の交差点から根津美術館方面へ進み路地を右折→左折したあたりにバリュミューダのフラッグショップがありました。

オシャレな青山界隈の落ち着いた立地といったところでしょうか。

訪れたのは土曜の17時過ぎ、ぽつぽつと訪れる人がいますが混み合っている様子はなくちょっと安心。

1階の広々とした商品の展示スペースに入り、まずはコーヒーメーカーのところへ直行。

やはりスタイリッシュな佇まいです。

バリュミューダで推奨しているコーヒー豆なども販売している模様。

ちょうど他の方への説明が終えた女性スタッフに声をかけて試飲できるかをきいてみました。

なんとフツーに試飲できるだけでなくオリジナルモデルとスタバ特別モデルの飲み比べもできるとか!来た甲斐がありました(*’▽’)

2階が試飲できるフロアで、ちょうど満席につきお席が空くまで説明をしてもらうことになりました。

どうやら2組ずつしか案内できないらしくすぐにいっぱいになる模様。

ちなみに1組15分と制限時間が設けられているとのこと。

待っている間にオリジナルモデルと特別モデルの違いなどを教えてもらいました。

外観の色が違いはネット上の写真で確認済みではありましたが、写真でみるよりも特別モデルのカッパー色が落ち着いていてこちらの方が好みかも…、当初はオリジナルモデルのニッケル(シルバー)色の方がいいなと思っていたのですが…

説明してくれたスタッフの方はオリジナルモデルで毎朝コーヒーを淹れているとか。

オリジナルモデルの方がモードが3種類(レギュラー、ストロング、アイス)あり、特別モデルは2種類(ホット、アイス)とのこと。

だったらオリジナルモデルで気分によって変えられた方が楽しいよねーと友人も同じ見解。

見た目は特別モデルで、モードはオリジナルモデルか…価格の差は5千円。

迷いが消えないまま…いざ2階席へ。

2階も贅沢な感じでゆったり試せる雰囲気です。(冒頭の写真は2階でのもの)

コロナ禍もあって組数を少なくしているのかもしれませんが、そうでなくても広々としたスペースにカウンターがあり、オシャレこの上ない雰囲気は地方出身者にはたまりません。

オリジナルと特別モデルとそれぞれにあった豆を使用して、オリジナルモデルのレギュラー・ストロング、そして特別モデルの3種類の試飲をさせてくれました。

実際にセットの仕方の説明を受け、自分でお試しできます。

紙コップも3種類。気遣いが半端ないです。

意外なことに…オリジナルのレギュラーが薄く感じ「このモードは使わないな…」という予感。

次に、オリジナルストロング→「まー、アリかな…」

最後、特別モデル→「あ、しっかりとしたこの感じ、一番好み!」

という結果でしたが、なにせ豆がオリジナルと特別モデルで違うため、そもそも正しい比較ができるのか⁈という疑問が…

1回淹れるのに5~7分ほどかかるため、ここで制限時間の15分に近づいていたのですが、有難いことに特別モデルで使用した豆を使ってオリジナルモデルで淹れてくれることに。←特別に配慮してくれた模様。

「結構、時間かかるんだ…」と内心とおもう。UCCドリップポットが速攻で淹れられるため5分以上かかると聞いてややトーンダウン…。

かかる時間は気温とかで変わるらしい…美味しければ待つもの良しとしようと気を取りなおす。

…で、全部で4種類の試飲を終えた結論。

同じ豆でも夫々全然違う味でした!

一番好みは特別モデルで淹れた2つとも。つまり、特別モデルがよいという結論

友人の「絶対こっちだよ!」という迷いのない推しも少なからず影響しています(;^_^A

とはいえ、当日買う気はなかったはず…しかし、オンラインストアでは特別モデルが速攻で品切れしたそうで…こちらのストアには今潤沢にストックがあるということでした。

セールスの常套句ではありますが、まーウソではないことは確かなため自らのってしまうのです(;’∀’)

さらに時間を圧しているにもかかわらず特別に試飲させてもらった気持にも報いたいという気もあり…どっちみち買うことになるなら今でいいかっと勢いで買った次第。

実はまだUCCドリップポットのレンタル期間が残っているため、1か月迷う猶予があったんですけどね。

そして一緒についてきてくれた友人が推奨のコーヒー豆を買ってくれました( ;∀;)

200g1600+税…私にとっては超高級品です( ゚Д゚)

さらにうれしいことにフラッグショップ限定のうれしいオマケなどもついてきました~

左からペーパーフィルター、コーヒー豆(開封後半量状態)、ストークマグの順

ストークのマグ。

フツーのノベルティかと思いきや、もともと4500円くらいで販売しているお品でした(;’∀’)しかもバリュミューダのネームが入って付加価値がありそうです!

専用ペーパーフィルターも。(円錐型のフィルターは常備しておらず助かります。もともと5枚くらいは本体に附属しているようですが、100枚入の別売りのものでした。)

それらをなんと持ち帰りました(笑)

もちろん配送してもらえたのですが、自転車ではなかったので持ち帰ることにしたのです。

よくよく考えたらまだ家にUCCドリップポットがあるため、後日到着でかまわなかったということに後々気づくのですが…

布団袋みたいな不織布バッグに入れてくれました。これもノベルティの一つってことかな(;’∀’)

結局、数日後にやっと開封。

思った以上にスリムで収まりがよいです。

レンタル中のヘルシオとトーンが同じでお揃いな一体感がありました。

…で、まずはいつものド安いコーヒーで!

西友のオリジナルブランド:400g398円という驚きの安さです!←一応付け加えると値段だけで選んだわけではないんですね。いろいろと試した結果、好みとコスパのバランスで選ばれたという経緯があるのです。

なんと…‼ スタバ感ありました!(≧▽≦)

これには正直驚きです。期待していなかったというのもありますが、

「あ!この感じ、知っている!」となったのです(*´▽`*)

…そうすると、友人が買ってくれた超高級コーヒー豆はどうなっちゃうんだろう?となりますね。

ミルはカリタのものを使用してます。

結論は「もーそれ以上でした~(≧▽≦)」

豆を挽いてっていう時点で西友の粉とは条件が違ってますが、もーまろやかこの上ないです(≧▽≦)

気になる待ち時間も約5分程度であまり待たされた感ありません。

淹れている間、クイズの時間的なカチっカチっと鳴る音も嫌いじゃないな~と。

あ~この新鮮な気持ち…いつまでも続いて欲しいと思うのでした( *´艸`)

関連記事

ページ上部へ戻る