珈琲はフレンチプレスがオススメ

最近、電動ミルでコーヒー豆を挽いてフレンチプレスのコーヒーメーカーでコーヒーを淹れています。

いわゆる「珈琲おたく」ではありませんが、「無理のない範囲で自宅でも美味しいコーヒーが飲みたいな〜」という思いは強い方かもしれません。

今の淹れ方が一番満足しているのですが、フレンチプレスにたどり着くまでは、紆余曲折がありました〜

フツーのコーヒーメーカー

一人暮らしと同時にコーヒーメーカーを使い始めました。もらいもの(引き出物だったかな?)でした。コーヒーをセットして水を注ぐだけで、美味しいコーヒーが出来上がることに大満足っ♪だったのですが…コーヒーメーカー自体が場所をとるのが気になりはじめ、結局飽きる。(19歳の頃ですね〜。約四半世紀前です…)

金属フィルターのドリッパー(ここから以降はハンドドリップになります)

ペーパーフィルターがもったいない気がして、当時はあまり見かけなかった金属フィルターを試すも、少量だとお湯が落ちるのが早すぎてイマイチ。すぐに飽きる。

銅製のドリッパー(確かカリタだったと思う…)

銅製のドリッパーだと熱伝導が良いということで、20代の私にはちょっと高価なドリッパーでしたが、嬉々として買ってみました。

雰囲気はいいのですが、別段美味しさを実感するわけでもなく…ちゃんと手入れをせずに酷使したせいか、かなり古びた感じになってしまい、友人から「このドリッパーって、もしかしたらアンティーク?」と聞かれる始末で…その言葉をキッカケに廃棄してしまいました。。。それでも5年くらいは使ったと思う。

ケメックスのコーヒーメーカー

オシャレなコーヒーメーカーの代名詞「ケメックス」。見た目が良いので、10年以上ケメックスを使っていました。…が、その間に2回割ってしまい、2度目に割った時にケメックスとの別れを決意したのでした…専用フィルターも高価でしたしね…

ドーナッツドリッパー


ケメックスの次は、割れそうもないしっかりした陶器のドリッパーにしました。美味しく淹れられるよう形状とか工夫されているそうです。劇的に美味しく感じることはないものの、安定して同じように淹れられる気がします。かなり頑丈な陶器製ですが、3年くらい使って縁が欠けてしまいました…

マウンテンドリッパー

ドーナツドリッパーの後続商品のようです。新しくドーナツドリッパーを買おうとしたところ、新型のマウンテンドリッパーを見つけ購入。こちらの方が高さが低く、若干小さく見えます。(現在は主にヨーグルトの水切りで活躍してくれています)

エアロプレス コーヒーメーカー
<

沖縄で泊まったホテルの朝食(ブッフェ式)で、フレンチプレスのコーヒーがだされたのがキッカケで、マウンテンドリッパーを見直すことに。

ホテルのコーヒーは雑味のないすごく美味しいコーヒーだったので、フレンチプレスを自宅でも試してみたいと思いつつ、評判の良いエアロプレスというフレンチプレスに似た新しい淹れ方にトライ。しかし、イマイチ慣れずに3ヶ月くらいで飽きてしまいました。。。それほど美味しいと感じなかったのが一番の理由かも。粉が圧縮されるので捨てるのは評判取りカンタンなんですが、手で圧をかけるのも正直言って面倒でした…手放してから、エアロプレスは質の良い豆じゃないと美味しくないとのコメントを発見。。。そーだったのか…と思い当たる。。。

フレンチプレス ボダムのコーヒーメーカー

同僚からペーパーフィルターと金属フィルターの飲み比べをしたら、意外にも金属フィルターで淹れたコーヒーの方が雑味がなくて美味しいかったとの話をきいて、ホントかな〜とあまり信じなかったのですが、そういえば、フレンチプレスは金属フィルターだった!と思い当たり、ボダムのフレンチプレスのコーヒーメーカーを試しました。

…で、雑味がなくて美味しかったのです!あの時のホテルのコーヒーを思い起こすような美味しさでした。しかし、本体のガラスにコーヒー油っていうのでしょうか、一杯入れる度にしっかり洗わないとなんとなく洗い残しが気になって同じフレンチプレスでも本体の素材を金属製にすることに。。。

フレンチプレス ステンレス2重構造のコーヒーメーカー

そして今、ステンレス製で2重構造のコーヒーメーカーを使っています。保温性にも優れ、洗うのも簡単で汚れにくい。あえていえば、水垢予防の為に、洗った後はすぐに拭いておくといいと思う。

 

私の一押しはコチラっ↓

<

ちょっと難をあげると、350mlとなっていますが、出来上がるのは300ml弱といったところ…ちょうど1杯分です。

なので、2人の時には2回に分けて淹れなければなりません。(1杯につき4分蒸らすので、その倍の時間がかかるということです)

350mの他、500ml、1000mlと3サイズあるので、家族構成をふまえてチョイスするといいと思います。

それと、届いたときのパッケージが漢字満載で「The 中国製」だったため、少し心配になりました。

しかし、スペアのパーツがついていたり、洗うスポンジのおまけがあったりと気が利いていました♪

ピカピカです↓

さらに予想を上回るしっかりとした作りですごく嬉しくなったのでした。

ちょっとしたホテルのラウンジ気分でコーヒーが楽しめて大満足♫

これでコーヒーメーカージプシーの放浪生活も終わりの予感がしています

フレンチプレス コーヒーメーカー カフェティエール ティーポット ステンレススチール ダブルウォール 350ml コーヒーティーサーバー

Perfk コーヒーポット コーヒーフィルター メーカー コーヒープレス ステンレス 二重壁 断熱 全3容量選べる – 500ml

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る