かかりつけ獣医さんの見つけかた(私の場合)

安心して猫を飼える環境の条件の一つに「かかりつけの獣医さんがいる」というのがあると思う。

猫の預かりボランティアから正式な里親になった際に「どこの動物病院にいったらいいのか…」という問題がありました。

(預かりボランティアはコチラ、里親になった経緯は後ほどの記事で)

それまでは、保護主さんがワクチンやらの面倒をみていてくれたのですが、保護主さんの獣医さんとは直接の面識がなく、場所も麻布だったのでもう少し近い方が良かったため自宅周辺で見つけないと…という感じでした。

渡米前の保護主さんやシッターさんに聞いたりしたのですが、動物病院は星の数ほどあるのに「ここがオススメっ」という病院が思い当たらない…というのです。

というのも、動物病院って方針が獣医さんによってかなり違ってくるようで、飼い主さんの評価もまちまちになるらしい。(歯医者と似ているな〜と思う)どんな飼い主さんにとってもベストな獣医さんっていないということですね。

年に一度のワクチン注射のことがあるので、一年以内に見つけておかないと…と心配していた時に、猫を飼っている(かつ猫ブログとかも書かれていて猫つながりのご友人も多い)取引先の方が「病院で菌をうつされるリスクもコワいし、完全室内飼いだからウチではワクチンは打たせてない。注射しなくてもカゼにひいたことないから大丈夫」との話を聞いて、とりあえずかかりつけ獣医をさがすのを先延ばしにしてしまいました…

スポンサーリンク



そして、里親になってちょうど1年を過ぎるあたりに(全く懐いていない)白勝三毛が、一歩も外に出していなかったのにカゼにかかってしまいました…

あまりにも急な症状だったので(うずくまったまま動かなくなった)とりあえずどこか…と思って、思い当たったのが自転車通勤途中で前を通る動物病院。歩くと10分、自転車であれば5分とかからないところにある。

一応、近所を歩く時には動物病院をチェックするようにしていたんです。

私の近所には本当にたくさんの動物病院があります。ぱっと思いうかぶだけで徒歩圏内に4つはあるし、調べればもっとたくさんありそうです。

どの病院も新しくて綺麗でかつ、人の気配が全然ない…というのが共通点。

なのでスゴく入りづらい。動物病院って保険がないので治療費も不透明だからやたら綺麗で設備が整ってたら治療費もどうなるのかな…とちょっと不安になったりして。

そんな中で唯一、人の気配があるのがその病院でした。いつも飼い主さんがあふれて外に出ていたりしています。(待合室が狭いというのもあるが、人気なのは間違いない)しかも、ちょっと奥まっていて中がよく見えなかったのですがどうみても古い建物です。設備投資は最小限にとどめているっぽい。

なのに、人であふれているということはきっと良い獣医さんに違いないと病気の猫を連れて行きました。

…で、すごーく怒られました。。。。

もう、ビックリするくらい叱られたんです。「風邪の猫を連れてくる前になんで電話しないんだっ〜(コノバカモノ〜怒っ)」って。

どうやらタイミング悪く、その時生まれたばかりの保護子猫が奥にいたらしく、ウイルスを持ってこられてうつされたら大変な事態を招きかねない状況にしてしまったみたいなんです。

とはいっても、初めてだったから知らなかったし…猫が一刻を争うような病気だったら大変だし…と内心いろいろ言い訳してたのですが、まー悪いのは私か…みたいな感じで小さくなっておりました。獣医さんの怒鳴り声が小さな動物病院に響きわたって、恥ずかしいというのもあった。(この時点で涙目です)

獣医さんはすごくアツイ方でした…

もしかしたら、「じゃぁもういいです!」っていうのを期待されていたのかもしれません。(まわりには他の動物病院もたくさんあるから)

看護婦さんにも当たりが強くなって申し訳ない感じではあったのですが(しかし、看護婦さんは慣れている様子)、踏ん張ってしまいました。だって、こんなに怒られて治療してもらえないなんて損だなーってその時は思ったのです。(この判断、友人には驚かれました。フツー逃げ帰るよね〜ということです。)

結局その後の一週間は1日おきに治療してもらい、行く度に小言を言われ、3万円くらいかかりました。

病気が完治してから晴れてワクチンをうってもらって、3種混合ワクチンが当時4500円(なんと税込)。

予想通り、相場より安いです。(実家の猫は約1万円かかってました)

ま、安いのも助かるけど、一番はなんとなく信頼出来そうってところでしょうか。治療の様子をみて腕が良さそうというのもある。さらに猫に好意的というのも大きかった。(他の動物と分け隔てない対応をされていらっしゃいます。)

私(と看護婦さん達)には超キツいのに、猫には優しかったです…

その当時、猫を保護している病院というのもめずらしく、後から知ったのですが、すぐ近くに住む獣医さんのご自宅は猫屋敷だそうです。ワンコ(犬)ブームで猫を飼っているというとちょっとクセのあるような印象を与えてるのかなという気がしてました。待ち合い室ではほとんどがワンコを連れた飼い主さんばかりだったので、子猫の保護になんとなく響いたのかもしれません。

これが14年前の話。その後、毎年ワクチン注射でお世話になっています。いつでも爪を無料でカットしてくれます(私的には有料でいいのになぁと思ってますけど。)

獣医さんにはその後一度も怒られることはなく、年々優しく対応してもらえてます。(しかし、私の口数は少ない)

今では、かかりつけ医が見つかって怒られた甲斐があったと思っていますが、いつもお願いしているシッターさんの印象はあまり良くないようです。

留守をお願いする際にかかりつけの動物病院を知らせると「他のシッターさんがシッター先の急患でその病院に駆け込んだ時に飼い主さんではないので断られた…らしく、クセのある先生だから好き嫌いが分かれる。でも信者は多いみたいですよね〜」とのことでした。

つまり、シッターさん仲間の中では、あてにできない動物病院ということらしい。。。。

そっか〜私も信者の一人なんだな。。。。(常連になると頼りがいのある病院なんですけどね…)

最終的には信頼出来るかどうかなんでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る