10日間、玄米断食してみました。

ノロウイルスによりデトックス後の心地よさを知ったため、断食をしてみることに。(5年前の話です)

もともと新陳代謝がよく、食べないとすぐにゲッソリしてしまうので、何も食べないのは、私には絶対無理。断食法をいろいろと比較検討の結果、酵素玄米食の断食法にトライすることにしました。

断食といっても玄米だけを食べ続けるので、お腹がすいて動けないということはないのが決め手でしたが、玄米は小豆を入れて炊く酵素玄米にすることが必須。それまで玄米については、炊いたことがないどころか、買ったお弁当が偶然玄米だったという程度の浅い知識しかなかったため、とりあえず市販の断食セットを購入。ウル覚えだけど1万円くらいだったかな。

10日間、普通に仕事をしながら玄米だけを食べる生活に突入しました。ごはん好きな私にとって、小豆入りの玄米は、まさにお赤飯。これだけでもぜんぜん大丈夫っ、むしろ口に合う!と思う1日目。そして2日目の昼には…なんと完全に飽きてしまい、「玄米を食べるくらいなら食べない方がましっ」と思うぐらいにトーンダウン。3日以降、少しずつ持ち直し、後半は逆に玄米食が楽しみになり、無事終了。

玄米食は、自分に一番ベストな状態になるそうで、太りすぎていたら痩せ、痩せすぎていたら太るらしいです。ちなみに私は10日間の断食で3キロ弱くらい痩せました。外見はほとんど変わらなかったですけどね。断食っていっても玄米は普通に食べていたので、痩せたのにはちょっと驚きました。間食とか添加物の入った食事を止めるので、余計なものを食べないことが結果的に痩せたポイントのようです。私はデトックス効果狙いでしたが、ダイエットしたい場合の方が効果があるのかもしれませんね。

とても気持ちよく10日間の断食が終わり、その後も玄米食を続けることに。断食の間だけであれば、レトルトの酵素玄米を買って済ませばよいのですが、日常でも玄米食にしたくなり、自分で炊けるように覚えました。

その後、約2年間、玄米食を続けた結果、あまりにも玄米に偏り過ぎて今度は健康を損なうことになりました。。。。過ぎたるは猶及ばざるが如しってことですね。

日常の玄米食については、また今度。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る