世田谷にあるイマドキな花屋さんのX’masスワッグ ワークショップに参加してみました

「スワッグ」という言葉をご存知だったら「素敵な生活感度の高い方なんですねー」と言わずにはいられません。

私は一ヶ月ほど前までその言葉を全く知りませんでした…

言葉の意味としては「壁飾り」とからしいですが、いわゆるドライフラワーに近しいものっていうのでしょうか。

生な植物を束ねたものを壁にかけ、乾いていく過程も楽しむものだとか。

シャビーテイストなインテリアにマッチしそうなアイテムって感じですかね。

私はどちらかというと花や植物を生育するのが苦手…

部屋にあると素敵なのはわかるのですが、どうしても枯らしてしまうため興味が薄かったのですが、このスワッグとやらは水やりが必要ないのです。

それでも緑が楽しめるなんて!!(枯れた後も緑が残っているという状態を楽しむ的な感じですが…)

この存在を教えてくれたオサレ感度の高い知人に感謝です。

さらに世田谷にある「malta」という素敵な花屋さんでクリスマスリースを作るワークショップがあることも教えてくれました。

知人とは日程があわず、一人で参加することに…

どんなお店かどんなことをするのか予備知識がないまま、さらにどんなリースになるのかもわからないままインスタグラムで店の雰囲気を確かめた程度だったのですが、結論からいうと「行ってよかった♡」の一言につきます。

あ〜こんなオサレな東京って久しぶりだな〜〜♪…と地方出身の私には心躍るワークショップでしたっ

スポンサーリンク



お店は世田谷代田駅近くで、環七を入った通り沿いにありました。

民家の多い場所ではあるもののおしゃれな新しい店がその通りにチラホラあって、商店街ではないのに不思議な感じもします。

お店はイマドキ感が満載で、いわゆるフツーの花屋さんと全然雰囲気が違っておりました。

窓側の小部屋風のところに販売されている植物がある。

ヨーロッパとかの花市場を思わせます。(行ったことないですけど…)

大きな冷蔵室に生花が入っている様子などありません。

そのかわり店全体を暖かくしていない…という「こだわりのあるパティスリーの厨房」みたいです。

テーブルにつくとホッカイロを配ってくれました。

大きな作業台の周りに参加者が座るのですが,だいたい9名くらいで満席。

この日は…というかこの日もなんだと思うのですが満席で、毎年参加されている方とかリピート参加が初参加をやや上回る感じのようです。

スタッフの方は女性3名、おしゃれでイマドキな感じです。

まずはお茶とお菓子をいただいている間に、先生のデモンストレーションが始まりました。

お菓子は吉祥寺にある超人気のパン屋「ダンディゾン」のシュトーレン、お紅茶は神戸のなんとかっていう紅茶専門店のノエル限定ブレンドだそう。ここにもオサレなこだわりが…

先生は手際よく10分程度でリースを完成させてました〜↓(流石です)

今回はサークル状のツルに植物を順番に絡めていく作業の繰り返しとのこと。

植物をワイヤーでツルに固定しながら成形するよりも作りやすい方法とのことだったので、初心者の私にはちょうどよい内容だったみたいです。

用意されたグリーン系の植物4種類(だったと思う…)、乾くと茶味が出るものを始めの方に使った方がよいので…とかその種類によって順番を説明してくれました。

選定ばさみでどれくらいの長さにカットしながら進めたらいいのかも実演しながら教えてくれます。

ナルホド〜と思うのですが、実習まで覚えてられるのか〜と内心つぶやく。

グリーン系植物でサークルが出来ただけでも随分とボリューム感があってこれが完成だと思ったら、さらにポイントとなる束が用意されていました。

ユーカリの他、お花っぽい植物達が数種類。これらを入れるとぐっと見栄えが増します。

基本のセットはここまでで、今回はグリーンな雰囲気のリースなんだそう。

さらにクリスマス感をだしたい場合には、赤い実や色づいたリーフなどをオプションで追加できるとのこと。

スポンサーリンク



実習が始まると…やはり順番がウル覚え…。

先生はテーブルを回りながら見守る感じで「正解というのはない」ので「あとはご自分のお好きな感じで自由に作ってみてくださいね〜」ということらしい。

えっちらおっちら迷いながらも進めていくうちに、なんだか収拾がつかなくなり「お家でゆっくりやり直したい気分」に。

やや投げやりになり「家でやり直す案」採用か…と思ってから気が楽になり、なんとなく持ち直しました(ありがちです)

出たとこ勝負って、私の持ち味だな…なんて思う。

お店の外の壁で記念撮影。

左はお店の商品↓

先生には「のびやかで良いですね〜」とお誉めの言葉をいただき、気分がさらに良くなりましたー(ゲンキンなんです)

同じ材料でも仕上がりは千差万別。

否が応でも個性というか性格が出てしまいます…

私のは動きがある奔放な感じに仕上がっておりますが、もっとカッチリ整った感じで仕上げられた方が多かったかも。

他の参加者のリースも写真撮りたかったな〜と思いましたが、この時は仕上げるのに必死だったため、他の方のを撮らせていただく余裕がありませんでした…(残念!)

オプションで全然雰囲気の違うリースもいいな〜と思いましたが、私は基本のセットでなんとなくバランスがとれたし「お初めて」ということもあり、あえてオプションはつけないことにしてみました。

ちなみにこのワークショップ、お茶お菓子つきで8,800円でございました。

お店には出来上がりの素敵なリースがいくつかありましたよ。

ラッピングは薄紙に包んで持ち帰り。お店のロゴも素敵です♡

早速壁に飾って見ると、緑の香りが心地よく感じます。

そろそろ3週間↓、近くにいるとまだほのかに香ります。(ほんの少し小さくなりました)

前出の知人によると、意外に飾ったままで数ヶ月は持つらしい。

というか、自分で「もういいか」と思えるまで飾れると思うとのこと。

今度は春の初め頃にあるらしいミモザのワークショップに参加したいと思うのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る