Peachで激安な旅を満喫!東京発 長崎&福岡へ。 まずは決行までの事前予約とか。

「これからは旅を楽しみたい」という地元の友人からの誘いがあり、夏も終盤の9月上旬に長崎、福岡への小旅行を決めたのが6月上旬。

まだコロナ禍ではあるものの…コロナ共存スタイルへ世の中が移行中な雰囲気もあって小旅行を快諾。

ほんの数カ月前のことなのに…最近の円安加速と共にインフレ感が半端ないため、随分リーズナブルな旅だったな…ということで、旅のおさらいをしておくことにしました!

今回は2泊3日という日程から決まり、旅先は「廃墟」好きな友人の意向により軍艦島のある長崎へ。

旅先が決まったタイミングで、フライトとホテルを旅の演習も兼ねて友人が予約してくれました。

この先一人旅なども経験したいとのことで、旅の経験値をあげる第一歩がフライトとホテルを自身でネット予約だったようです。

友人は東北在住のため成田に集合そして解散となるので、旅の前後は初一人旅のようなもので、経験値を上げる良い機会な気がしました。

2人旅であれば、手っ取り早くツアーを選ぶという手もありましたが…

ネットでなんでも手配できるとなると複数のツアーを比較検討するよりも、

フレキシブルに旅を組み立てられる個人旅行を選ぶのが自然な流れで、

まずはフライトから

LCC(ローコストキャリア)のPEACHを選択

今までLCCといえばジェットスターの東京ー大阪くらいしか利用したことなく、

その時は成田や関空から都心への移動コストや所要時間を考えると新幹線でいいのかという結論になっていましたが、

東京ー九州ともなるとやはりLCCは驚異的にリーズナブルでPEACH一択という感じで決まりました。

行きは長崎着ですが帰りの利便性なども加味して帰りの便は福岡から東京へ、2泊3日2都市の弾丸系プラン。

行きは東京ー長崎で、なんと4,290円⁉

それに空港使用手数料450円+オプション座席指定740円+支払い手数料640円が加算され合計6,120円。

帰りは福岡ー東京で5,500円!それに空港使用料560円+支払い手数料640円加算され合計6,700円。

往復で12,820円⁉…これで東京から九州まで行って帰ってこれるなんて驚きです((+_+))

高速バスですか?という、まるで近隣県アウトレット行きのバス代みたいな金額です。

LCCのセールを利用するとさらにお安くなったりするのかもしれませんけど十分お得と思いました^^

そしてフライトと共に早く予約しておくとお得なのがホテル。

個人的に旅の一番の楽しみが「朝食」なため、ホテル選びは旅先を決めるよりも重要です。

ホテルはじゃらんとか楽天トラベルとかで選んだりするかと思いますが、

よく出張の際に利用していたagodaという予約サイトが推しのため、友人にもagodaで予約してもらいました。

agodaを選ぶ理由としては単純に他のサイトよりもリーズナブルに感じるというのと好みのホテルを見つけやすいと思っているから。おそらく掲載写真が多めだからなのかもしれません。

そして、友人とのホテル選びをすることで自分のホテルを選ぶ基準がわかったような気がしました。

四つ星以上というのが選ぶ目安と思っていましたが、四つ星以上が該当しやすいというだけで、選ぶときに重要だと思うポイントは別にあることに気づいたのです。

単純に「新しくて豪華な高級ホテル」には響かない。

新しいうちは素敵だけど古くなってくるとイマイチ…という経緯をたどるホテルは少なくないのではと思ったりするのですが、

そういうホテルはただ新しくて高いだけ…と感じてしまうからなのかも。

まー、日本社会が…ということだと思いますが…「新しい」とか「若い」ことがわりと特別視されるケースが多いなと感じる。

ホテル以外でも賃貸住宅や分譲マンションなどの住まいも同様に「新築物件」にこだわる話をよく聞くし、保護猫も子猫の里親は見つかりやすいのです。

もちろんそれが悪いということではなく…自分が少数派なんだろうなという自覚があるということで、

個人的にはホテルも住まいも清潔感があれば古いことはデメリットにならないと思っている。

築年数にかかわらず内装にこだわりがあったり風情がある部屋が好み。

例えばリノベージョンホテルとかがストライクゾーンなのだと思う。

とにかく…今回のホテル選びを通してただ豪華な高級ホテルというよりはちゃんとした朝食付きで部屋は広くなくてもいいけど気の利いた内装であってほしいという強い希望があることに気づいたのです。

一人で選んでいると気づけないことでした。

一方、友人は「朝ごはん」には強いこだわりがなく…ってフツーそうだと思います(;^_^A

私の希望を尊重してくれたためモントレグループのホテルを選ぶことにしました。

全国にあるホテルチェーンですが、以前大阪と京都のモントレに宿泊したことがあり、

そのホテルごとに異なるクラッシックな内装で朝食も美味しかった印象で間違いないかなと。

ホテルは友人の旅の印象を左右する部分でもあるので個性的なホテルを選んで冒険するのは控え、ハズレのない選択をした次第。

長崎モントレモントレ ラ・スール福岡(市内にモントレ福岡という別のモントレもある)をチョイス。

3カ月前の予約ということもありますが、リーズナブルな宿泊費にも驚く。

長崎モントレは8,140円/人、福岡ラスールが7,020円/人

朝食代(2人で+3500円)が加算されたプライスです。

これもコロナの影響なのでしょうか…素泊まりプランレベルに思えます。。。

満足度の高かったホテル滞在については次の記事にて。

フライトとホテルを抑えた後、出発の1か月くらい前になり長崎ー福岡の移動手段を考えることに。

電車と高速バスの2択でしたが、少しでも時間を節約したいので早い方ということで

「特急かもめ」(移動時間は2時間)をネットで事前予約。

当日購入するよりもだいぶお得な3,150円/人。

早割などを使えばさらにお得でしたが、旅の詳細を詰めるタイミングが間に合わず。それでも2時間の特急料金にしてはお得と思えました。

偶然にも旅行から2週間後に特急かもめは北九州新幹線の開業により廃止となったようです。

そして旅のお目当て軍艦島クルーズも事前に友人がリサーチ&予約をしてくれました。

軍艦島クルーズは天候によって上陸できない場合もあるとのことで、キャンセルは3日前までだそう。

着いたその日の午後のクルーズか、翌日の午前か…と迷うところですが、天候次第なこともありギリギリまで2日分予約しておくことに。

ちょうど台風の時期のため、3日前まで様子をみるといっても天気についてはもはや賭けになりますが…

いたしかたありません(;^_^A

これで旅の骨組みは決まり、ほぼ友人手配で事前準備が完了しましたー。

今回は上げ膳据え膳な旅の準備からはじまった感じです^^

実際の旅の話につづく…

Advertisements

関連記事

ページ上部へ戻る